老化抑制期待物質を投与すると、マウスで身体機能改善。

エネルギー代謝や筋肉、目など機能が改善したと、今井眞一郎・米ワシントン大教授の研究チームが27日付の米科学誌セル・メタポリズムに発表した。

米ワシントン大と慶応大は2016年7月からNMNを健康な人間に投与する臨床研究を慶応大で始。

 

NMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)

2016年10月28日

読売新聞

 

以下は新聞記事PDFファイルです。

老化抑制期待物質

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です