肌老化の最大の敵とは

 

「酸化」、「糖化」の基礎知識

現在、老化に関するさまざまな研究が進められています。

これらの研究で、

「酸化」「糖化」

が肌や身体の老化に深く関与していることが解明されてきました。

 

酸化と糖化が

老化のスピードを加速させている

ことが明らかになってます。

 

この2つの要因がもたらす「老化のメカニズム」とは、どういうものなのでしょう。

「酸化」と「糖化」は、健康な細胞に深刻なダメージを与え、

細胞本来の正常な働きを著しく低下させてしまう現象のことです。

 

そして、この2つの要因には

「活性酸素」

と呼ばれる危険物質が関係していることも明らかとなっています。

肌だけでなく、身体に起こるすべての老化現象のメカニズムを解明するうえで、活性酸素は決して外せないキーワードの一つです。

 

まずは、

  • 酸化とはなにか、
  • 糖化とはなにか

ということをよく理解し、そのうえで

  • 活性酸素が酸化と糖化にどう関わり、
  • 肌にどう影響を与えるのか

について学びましょう。

fd5f65dd7862851697f935d5e2c5715f_s

 

老化と酸化の関係とは

私たちは呼吸をし、体内に酸素を取り込むことで生命活動を行っています。

取り込んだ酸素は血液によって全身の細胞に運ばれ、その後、細胞内で生命活動に必要なエネルギーを作り出すときに利用されます。

ところが、

この過程の中で酸素の一部は「活性酸素」と呼ばれる物質に変化します。

 

活性酸素は反応性が非常に高く、体内で増え過ぎてしまうと健康な細胞を傷つけ、細胞本来の正常な働きを低下させます。

これを

酸化

といい、

もし肌の中で活性酸素が増えてしまうと、肌が本来持つ「美しくなるための力」が存分に発揮されなくなります。

肌力が弱まると、

  • シミ
  • しわ
  • たるみ
  • 乾燥

など、さまざまな肌トラブルが複合的に起こります。

私たちは呼吸をしている限り、常に活性酸素が発生します。

しかし、その量はごくわずかです。

それよりも

  • 不規則な生活習慣
  • 暴飲暴食
  • 喫煙
  • 精神疲労

などの方がはるかに活性酸素の過剰発生につながります。

この他にも

  • 大気汚染
  • 紫外線
  • 食品添加物
  • 電磁波
  • 残留農薬

など、なかなか防ぎようがないものも数多く存在します。

現代社会で生活する私たちは常に活性酸素の危険にさらされているのです。

 

老化と糖化の関係とは

3大栄養素として知られる糖質は、白米、パン、パスタなどの炭水化物、野菜、果物など、さまざまな食物に含まれています。

そして、その糖質は私たちの健康や美しさの源となる細胞活動になくてはならない、とても重要なエネルギー源の一つです。

しかしそんな重要なものでも、摂り過ぎてしまっては身体に悪影響を及ぼすばかりです。

 

さて、身体や肌を構成する細胞の主成分はタンパク質です。

そして、このタンパク質は、細胞をつくるだけではなく、細胞が正常に働くようサポートする大切な役目もあります。

ところが、普段の食事などから糖質を過剰に摂取し、利用されずに体内で余ってしまうと、細胞をつくるタンパク質と結びつき、AGEsという物質が作り出されます。

まさにこれが「糖化」です。

糖化はタンパク質が糖と反応して違う性質の物質になることです。

これをメイラード反応といって褐色化を伴い、食パンがこんがりキツネ色に焼けるのもこれによるものです。

体内でさまざまな反応を経て最終的にAGEsという物質に変わります。

近年この糖化によって老化が加速することが明らかになってきました。

糖化によって一度AGEsに変性したタンパク質は、本来の役目ができなくなるので、細胞の正常な働きにも影響し、老化の加速につながります。

肌においては、肌本来の美しくなる力が低下し、酸化と同じようにさまざまな肌トラブルを招く要因となります。

 

酸化と糖化の関係

酸化と糖化はお互いに促進し合う関係にあります。

糖化が進めば活性酸素の発生が促され、酸化ストレスが強まると糖化が促進されます。

従って、肌の老化を促進する「酸化」と「糖化」の両方に注意を向けなければなりません。

活性酸素が肌や身体の中で増えると酸化も糖化も両方起こり、老化のスピードをさらに加速させてしまいます。

活性酸素の過剰発生につながる内外要因を徹底して防ぐことが大切です。

 

酸化と糖化を加速する紫外線

私たちの周りには、酸化と糖化を促進する要因がたくさんあります。

その中でも肌においては、とくに紫外線対策を意識する必要があります。

 

肌は、身体の最前線に立ってさまざまな外部刺激から体内を守る、いわば鎧のようなものです。

年間を通して紫外線は私たちに降り注ぎ、肌は常にそのダメージうけている状態です。

肌の老化現象は、紫外線による光老化の影響が大きいともいわれていますが、それは紫外線を浴びることで起こる活性酸素の過剰発生が肌細胞の酸化を招き、本来の働きを低下させるためです。

また、紫外線A波(UV-A)が肌に当たると、糖化の促進にもつながります。

顔に紫外線が当たるということは、肌細胞が酸化と糖化のダメージを同時に受けてしまうことになります。

季節を問わず、常に紫外線対策を心がけましょう。

 

抗酸化・抗糖化による内外ケアが若さのカギ

肌の老化を促進する酸化や糖化は、いずれの要因も活性酸素が関与しているので、活性酸素の過剰発生を抑えることができれば肌老化のスピードはゆるやかになり、年齢を重ねても、その時々で最高の肌状態を維持することができます。

 

ここで注目したいのが、私たちの身体の中でつくり出される抗酸化酵素(SOD:スーパーオキシドディスムターゼ)です。

肌には「美しくなるための力」が備わっていますが、その一つに活性酸素が肌の中で増え過ぎないようにコントロールする力もあります。

その役目を担うものこそ「抗酸化酵素(SOD)」です。

 

SODは肌だけではなく、身体のすべての細胞の中でつくり出されるものです。

 

つまり、すべての細胞がSODを十分につくることができれば、活性酸素が過剰に発生することもなく、細胞を酸化と糖化の危険に晒すこともありません。

 

「抗酸化&抗糖化ライフ」を提案します。

細胞一つひとつがSODをつくり出せる環境に肌や身体を整えていくための生活習慣、食生活さらにスキンケアを取り入れて、いくつになってもゆるぎない美しさを叶えましょう。

 

まとめ

「酸化」と」「糖化」が肌や身体の老化に密接に関与して、老化のスピードを加速させています。

 

「酸化」と「糖化」は、健康な細胞に深刻なダメージを与え、細胞本来の正常な働きを著しく低下させます。

そしてこの2つの要因には「活性酸素」と呼ばれる有害な危険物質が関係しています。

 

現在の生活環境では、この活性酸素を体内で過剰発生させる要因がたくさんあります。

  • 食品添加物
  • 紫外線
  • 喫煙
  • 不規則な生活習慣
  • 暴飲暴食
  • ストレス
  • 大気汚染
  • 残留農薬
  • 電磁波

などが過剰に活性酸素を発生させる要因です。

現代社会で生活する私たちは常に活性酸素の危険にさらされています。

 

肌の老化現象は、紫外線による光老化の影響が大きいです。

紫外線を浴びると活性酸素の過剰発生が肌細胞で起きます。

この活性酸素が肌細胞の酸化と糖化を促進することで肌のダメージが起こってしまいます。

活性酸素の過剰発生を抑えることができれば肌老化のスピードはゆるやかになります。

 

私たちの身体の中には、活性酸素を無毒化する抗酸化酵素(SOD)が細胞の中でつくり出されています。

しかし、活性酸素が過剰に発生すると無毒化処理が追い付かず細胞を酸化と糖化の危険に晒すことになります。

 

抗酸化酵素は加齢とともに減ってしまいますが、細胞が正常な働きをしなくなると増々抗酸化酵素をつくり出す能力が減少します。

すべての細胞がSODを十分につくることができれば、活性酸素が過剰に発生することもなく、細胞を酸化と糖化の危険に晒すこともありません。

 

細胞一つひとつがSODをつくり出せる環境に肌や身体を整えていくための

  • 生活習慣
  • 食生活
  • スキンケア

を取り入れて、内外からのケアで、いくつになってもゆるぎない美しさを叶えましょう。

 

「抗酸化&抗糖化ライフ」を提案します。

 

「抗酸化&抗糖化ライフ」の具体的内容、方法は順次当ブログでご紹介いたします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です