老化を抑制する効果が動物実験で判明しつつある長寿物質を人間に投与し、安全性や効果の有無を調べる臨床研究を、慶応大と米ワシントン大 (ミズリー州) が2016年7月にも国内で開始する計画であることがわかった。 慶応大の倫理委員会が近く、計画の妥当性などを審査sする。承認されれば、まずは10人程度の健康な人への投与で安全性を確認し、その後数年かけて、体の機能の改善効果の有無を調べる。

 

長寿物質(二コチンアミド ・ モ丿ヌ夕レオチド) (NMN) 人間を含む多くの生物の体内で作られ、食品にも含まれている化合物。マウス実験では、老化で働きが弱まった遺伝子サーチ ュ インを活性化させ丶糖尿病の症状が改善するなどの効果が確認されてきている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です